Top > BNA™技術 > BNA™の構造・特徴

BNA™の構造・特徴

“BNA™”とは、一本鎖の「良質な」核酸分子の創製を目的に構造と機能との関係から理論的に設計・開発した新しいタイプの人工核酸の総称で、化学構造的特徴の「Bridged Nucleic Acid(架橋構造型の核酸分子)」に由来しています。

そもそも、一本鎖の「良質な」核酸分子とは、  

      
  • 相補な塩基配列構造の別の核酸分子を認識して会合して強く結び付き安定な二重鎖核酸を形成する能力
  •   
  • 二重鎖核酸をも認識・結合して、三重鎖核酸を形成する能力
  •  

これらの特性を有する、一本鎖の「良質な」核酸分子は、ゲノムテクノロジーを利用した様々な遺伝子関連バイオ製品を創り出す原動力となります。

 天然核酸分子(DNA,RNA)は、結合力や分解酵素耐性面で「良質な」核酸分子とは成り難い核酸分子です。そのため、「良質な」核酸分子の創製を目指し、いろいろな種類の人工核酸が開発されてきたにもかかわらず、実用的な人工核酸は殆どありませんでした。1997年、天然核酸分子のコンホメーション特性に基づき理論的にデザインした架橋構造型の新しいタイプの人工核酸、2'-O,4'-C-methano-Bridged Nucleic Acid (2',4'-BNA)を開発しました。

この2',4'-BNA(モノマーユニットを天然オリゴヌクレオチド中に組み入れた)修飾オリゴは、  

      
  • 一本鎖および二重鎖の天然核酸と非常に強く結合して、それぞれ安定な二重鎖、三重鎖構造を形成可能
  •   
  • この二重鎖や三重鎖形成では、相手核酸の塩基配列を認識する大変優れた能力
  •   
  • ヌクレアーゼへの高い抵抗力
  •  

現在では、2',4'-BNA(LNA)を「第一世代BNA™」として、さまざまな次世代BNA™類を開発し、より進化した人工核酸を創り出してきました。

TOPBNA™の構造・特徴 | 色々なBNA™ | BNA™の使用方法 | 文献リスト
■ページの一番上に戻る

Copyright(c) 2016 BNA Inc. All Rights Reserved.